スキル習得の妨げになる壁

新年度を期に新しいスキル習得を
考えられている人も多いかと思います。
  
ただ実際に習得できずに
毎年終わってしまっている人も
いるのではないでしょうか?
  
  
なぜスキル習得がうまくいかないか?
  
人によって要因はそれぞれですが、
共通して言える事として
「失敗する事への恥ずかしさ」が
あるのではと私は思っています。
  
例えば英語だと、
「うまく発音できなくて、
周りから恥ずかしい目で
見られるのでは・・・」みたいな。
  
  
逆に、スノーボードを例に挙げますと、
仮に転んだとしても、コース上で
休んでいる時自体が座っている
状態なので、転んでもその後
すぐに休んでるフリをすれば
「俺、休んでるだけだし~」と
転んでないフリができます。
  
むしろ私はパウダースノーと
戯れる事が快感だとさえ思って、
初めはむしろ自爆的に転んでましたが、
そうしたら3回目位では
とりあえず滑って降りて
来れるようになりました。
(20年前の話ですが^^;)
  
つまり、どんどん転びながら
板の使い方を覚えていけるので、
トライアンドエラーを恥ずかしさの
感情がない中で繰り返す状態となり、
習得が早くなったのかなと思います。
  
  
ただ先の英語にしてもそうですが、
大抵の事は、自分が思っている程、
周りは自分の失敗にそれほど
敏感ではなく、自分で勝手に
「それができないのは恥ずかしい」と
決めつけてしまっている事が
多いと私は思っています。
  
なので失敗する事に対して
何か恥ずかしさのような
感覚があってブレーキがかかったら、
「恥ずかしいと思っているのは自分だけ」
と思う事をお勧めします。
  
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この記事は、角田和将公式メルマガの
バックナンバー記事になります。
まだご登録されていない方は
是非この機会にご登録頂ければ
幸いに思います。

http://limixceed.co.jp/lp/mailmagazine/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




========

プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。


【速読教室やセミナー体験会等について】

イントレ体験会情報


【メルマガ登録】
ブログでは各種レポート、日記などの記事を上げておりますが、メルマガでは短めのコラムを配信しております。
以下のフォームにご登録頂ければ、メルマガ発信させて頂きます。発信頻度は最大でも1日2回までで、それ以上お送りすることはありませんので、ご安心下さい。もちろん購読解除もいつでもできるようにしてあります。
登録後、登録完了メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっているか、ご入力頂いたメールアドレスに誤りがある可能性がございますので、ご確認頂けましたら幸いに思います。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須)