労働時間の上限を決める

世の中には1年365日、
常に働きまくるのが良い事と思い、
朝から晩まで働く人がいます。
  
おそらく、本当にその仕事自体が好きで
趣味との区切りがないか、
無謀なスケジュール配下に置かれて
長時間労働を強いられているかの
どちらかの環境下にあるのだと
思いますが、理由はどちらにせよ、
そうする事で避けられない
リスクが発生します。
  
  
それは、働いて稼いだお金を
使う時間がなくなるという事です。
  
確かに朝から晩まで働いていれば
お金は貯まるかもしれません。
  
もちろんお金が貯まれば、
金銭面における精神的余裕が
生まれるという意味では
良いと思います。
  
  
しかしいくらお金は貯まっても、
家族と一緒に過ごす時間や、
国内外を旅する時間など、
より良い人生を過ごすための
時間はなくなってしまうのです。
  
確かに残業が多くなるほど、
残業代が増えてお金は貯まっていくけど、
それを使う時間が全くないから
貯まっているだけで、場合によっては
家族と過ごす時間がなくなり、
自分の子供から「たまに来る人」と
思われ、親だと認知されなくなる
可能性さえあるのです。
  
  
なので、こういう事を回避するために、
まずは労働時間に上限を設けてみる
事をお勧めします。
  
例えば1日4時間を上限と設定したら、
4時間で今と同じか、それ以上の
パフォーマンスを発揮するには
どうしたら良いか考えていきます。
  
上限を決めた労働時間の中で
今までと同じかそれ以上の生産性が
出せるようになったら、
家族や自分の為に使える時間や
お金を使う時間に充てていくと
良いでしょう。
  
もちろん会社員だと労働時間を
就業時間以内にはできないと
思われるかもしれませんが、
本質は同じなので、
まずは取り組んでみて下さい。
  
このあたりの考え方については、
またどこかで改めて書きたい
と思います。
  
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この記事は、角田和将公式メルマガの
バックナンバー記事になります。
まだご登録されていない方は
是非この機会にご登録頂ければ
幸いに思います。

http://limixceed.co.jp/lp/mailmagazine/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




========

プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。


【速読教室やセミナー体験会等について】

イントレ体験会情報


【メルマガ登録】
ブログでは各種レポート、日記などの記事を上げておりますが、メルマガでは短めのコラムを配信しております。
以下のフォームにご登録頂ければ、メルマガ発信させて頂きます。発信頻度は最大でも1日2回までで、それ以上お送りすることはありませんので、ご安心下さい。もちろん購読解除もいつでもできるようにしてあります。
登録後、登録完了メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっているか、ご入力頂いたメールアドレスに誤りがある可能性がございますので、ご確認頂けましたら幸いに思います。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須)