VALUの発行審査の時に注意する事


本日月曜という事で、ようやく自分のMY VALUのURLがわかりました^^;
  
https://valu.is/tsunodakazumasa
※平日の9~21時のみオープン
  
で、早速売り出してみようと思ったのですが、何とここで致命的な事が。。。
  
発行VA数が100VAから変更できないではありませんか!!!
  
審査申請段階で発行VA数を選択する場所が出てくるのですが、その時に100VAしか選べなかったので、そのまま審査に出してしまったんですね。
  
元々「株と同じ」という先入観が強かった事もあって、その時は「追加発行できるだろう」と思ったのですが、できないんですね。。。
  
  
ちなみにこの発行VA数を決めるのは、FacebookやTwitterなどのSNSのフォロワー数で選択肢の幅が決まります。
  
フォロワー数がそれなりにいると、発行VA数を選ぶところで100VA以外にも1000VAとか、それ以上の選択肢が選べる状態になるそうです。
  
私の場合、最近でこそ少し考えが変わりつつあったところでしたが、これまでは基本的に直接お会いした方以外のフォローはしておらず、むやみにフォロワー数を増やす事はしていなかったのですが、それが完全に裏目に出る結果となりました。。。
  
もちろん、「じゃあ発行できるように申請する前にフォロワー数を増やすか!」と思って増やそうと思っても、簡単に増やせるものではないと思いますが、もし増やせる可能性があるならば、その策を打ってから発行申請を出しても遅くはないかなと思います。
  
  
この出来事を踏まえて、VALUは個人の信頼を価値に変える、といった例え方がされているのを見かける事がありますが、厳密に言えば個人の信頼ではなく、VALUはフォロワー数を価値に変える、という見方が正しいと思います。
  
もちろんそれは批判的な感情の意見ではなく、実際システム的にフォロワー数を増やしていく機能(デジタルでもアナログでも)でフォロワー数を一気に増やせば、個人の信頼とのリンクはないままに多くの発行VA数を持つ事ができるので、純粋な事実として知っておく必要があるという事で捉えて頂けたらと思います。
  
  
ただ正直なところ、発行VA数が100VAというのは、感覚的にはFXで「デモ口座でどんな使い勝手か試してみてね♪」レベル。。。orz
  
購入者の立場からも、激レアカード状態になってしまうので、既に読者さんとかから「買いたいけど全然買えない」という声も・・・orz
  
ネットで検索してみても、ほとんどの方が「無理ゲー」と嘆き状態・・・。
  
  
しかし、これだけ画期的なサービスを打ち出せる運営サイドだけに、このままでは黙っておらず、今後VA数を分割できる仕様追加を検討しているようです。
  


  
もちろん、またこの仕様を入れる事によって、また別の課題も出てくるのでしょうが、そのあたりはどんなサービスでも同じ事だと思いますので、是非期待したいですね^^b




========

プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。


【速読教室やセミナー体験会等について】

イントレ体験会情報


【メルマガ登録】
ブログでは各種レポート、日記などの記事を上げておりますが、メルマガでは短めのコラムを配信しております。
以下のフォームにご登録頂ければ、メルマガ発信させて頂きます。発信頻度は最大でも1日2回までで、それ以上お送りすることはありませんので、ご安心下さい。もちろん購読解除もいつでもできるようにしてあります。
登録後、登録完了メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっているか、ご入力頂いたメールアドレスに誤りがある可能性がございますので、ご確認頂けましたら幸いに思います。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須)