このメルマガを読むと得られるもの

 

 自己実現力が高まり、夢が実現するようになる

 時間を生み出す事ができるようになり、仕事に余裕が生まれて、昇進や報酬アップが現実的になる

 サラリーマンやOLの立場でも実践できる自己実現力の高め方を知る事ができる

 時間に対する考え方のレベルが上がり、24時間から27時間の世界に行く事ができる

 同じ1時間を過ごしていても、普通の人より濃い中身の1時間を過ごす事ができる

 情報収集力と情報分析(理解)力、文章アウトプット力をバランス良く高める事ができる

 高い自己実現力を生むための思考法が身につく

 最小限の時間投資で最大限の収入を得ることができるようになる

 

torokuword1

名前
メールアドレス

 

私も元々は多忙なサラリーマンでした

 

様々な自己実現を現実のものにしてきましたが、

元々は特に突出した学歴を経てきたわけではありません。

田舎にあるシステムエンジニアの会社で普通の会社員をやっておりました。

中学の頃から国語は非常に苦手で偏差値は頑張っても頑張っても40台

そのために本を読む事自体が嫌いでした。

 

elly20160628465420_tp_v

しかし学生である以上、勉強を避ける事はできず、

何とか少しでも楽に勉強できるようになりたいと思い、

中学時代に速読本を使って学んだ事がありました。

しかし、全くできるようにはならず挫折しました

 

さらに高校時代にも通信教育ソフトを買って再挑戦するも、

やはり全くできるようにはなりませんでした

 

そのため、もう文系科目で点数を取る事はあきらめるようになり、

理数系の成績を上げる事に集中していきました。

おかげで数学はどんどん得意になり、理系科目メインで行ける大学で、

都会には行きたくなかったので田舎の大学へと思い、

農学系の大学に進学する事になりました。

 

pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

卒業後は地元のシステムエンジニアに就職しましたが、

システムエンジニアという職種は、 基本的に出社は早く、帰宅は遅く、

多忙を極める職種で、私も典型的なシステムエンジニアでした。

徐々に出張も頻繁に発生するようになり、飛行機の搭乗回数だけで見ても年間60回以上、2〜3日間隔で違う地域に滞在しながらの生活を送るような時もありました。

 

そんな多忙(普通?)のサラリーマン生活をおくる中、

住宅ローンを組む時が来ました。

その当時は「家賃と同じだろう」という感覚しか持たず、

今思えば相当安易に契約してしまいました。

 

しかしローン会社の残債明細を見たときに、

初めて自分が借金を負っているという事を体感させられました。

それまではお金というものに対して、「お金は大事」だと思っていながら、

お金に対する知識があまりにもない事を実感した時でした。

 

takebe160224560i9a0437_tp_v

大きな借金を背負った事実を実感し、どうしていけばよいか悩みました。

とにかくお金を貯めなければと思い、極限まで切り詰めて節約もしました。

しかしいくら節約していっても、生きていく為にかかる出費は

どうしても減らす事ができません。

 

 

使っていないものも売ったりして収入を増やそうと試みるものの、

使っていないものなど大した金額になるはずもありません。

 

「こんな借金、本当に返していける気がしない・・・」

 

正直もうどうしていいかわからない状態に陥っていました。

 

そんなある時、休憩時間中に社内で

「今週100万円近く利益出た」とか言う噂を耳にしました。

話を聞くと、FXをやって稼いだとの事で、

「これだ!」と思って、すぐに取り組み始めました。

 

はじめの1ヶ月は30万円を元手に開始し、資金が50万円まで増えました。

ビギナーズラックというやつです。

 

「これで解決できるのでは?」

「うまくいけば会社辞めて、これだけで生活していけるのでは?」

いろいろ夢物語を思い描きました。

 

cc176164632_tp_v

 

しかしそんな状態がいつまでも続く程、相場の世界は甘くはありませんでした。

翌月から、どんどん資金が目減りし、気づけば毎月追加入金をしている状態。

気づけばさらに収入が減ってしまうような環境になってしまいました。

 

 

 

損失を出してさらに気持ちが滅入っている中、

普段行っている美容室でその話をした時に、

たまたまその美容師の方から「FXで実際に稼いでいる専業トレーダーがいる」というお話を聞きました。

そして直接お会いする機会を頂く事ができ、

たまたまその時に個別コーチングの指導をやろうとしているというお話があり、

藁をもすがる思いでお願いしました。

 

しかしそれも束の間、コーチングが始まって最初に課題が出されました。

「まずはこの課題図書を読んで下さい」 。

その冊数30冊以上

 

私は小さい頃から国語が非常に苦手。

本を読む事自体が大嫌いで、それまで本との関わりなく生きてきた。

さらに仕事も多忙な状況だった為、大量の課題図書を読むなんて時間はない。

「私には無理」と、正直挫折しかけていました。

 

しかし、コーチング指導は1年間で当時105万円

1年以内に完済できなければ金利をつけての返済条件で契約書も結んでいたため、逃げる事はできない環境でした。

本が読めないからという理由だけで諦められる状況ではなく、

何とか解決する方法がないかと、悩み続けました。

 

そんなある時、週末のテレビ番組で『所さんの目がテン』という番組が流れていました。

そこで取り上げられていたのが「速読」でした。

それを見た時に「忙しい中でも速く読めるようになれば

課題図書を読み切れるんじゃないだろうか・・・」と思いました。

 

しかし中学、高校時代に速読本や通信教育をやって、

過去2度も挫折を経験していた速読。

今までとは違うやり方でやらないと、

同じ事の繰り返しになるだけだとも思いました。

 

なので今度は対面指導を行ってくれる教室に行こうと考えました。

その時たまたま近くに速読教室があったので、そこに通う事にしました。

 

rainbow-book

そこにいた師匠(高齢の為、既に引退しております)の教え方が上手だった事もありましたが、通学を始めて3ヶ月経過したあたりで何となく文字を読む事に対する変化が感じられるようになり、気づいた時には4ヶ月目で読書速度で約1万文字/分の認定(日本速脳速読協会主催)を受けるレベルにまで成長していました。

 

そして入会してから8ヶ月後、同協会主催の

第6回速読甲子園に出場する事になり、そこでは準優勝。

ただ、その当時は速読での順位よりもコーチング料完済の方が

先だと思っていたので、順位はどうでも良いと思っていました。

 

img_3948

しかし2位まで来たら、最後は1位で終わりたいと思うのが心情。

その翌々月に速読甲子園の上位6人で全国速読・速解力コンテストというものが行われるとの事で、「そこで速読甲子園優勝者に勝って日本一になる」と思い、実際に1位を獲得し、速読日本一まで登り詰める事ができました。

 

 

 

 

さらにそのトレーニング効果は単純に速読の領域にとどまりませんでした。

当初の目的であった投資(FX)分野でも活きてきたのです。

 

20130315_103221000_ios

もちろん課題図書を読み込めるようになったという直接的な効果はもちろんあったと思います。

ただそれ以上に、時間に対する概念、本質に対する感覚が研ぎ澄まされていたおかげで、

短時間の時間投資で稼ぐ方法を生み出す事ができるようになりました。

 

 

会社員をやっている時は「いくら稼げるか」も大事だったのですが、それ以上に「多忙な中でどれだけ稼ぐか」の方が必要に迫られていたので、これに対するやり方を見いだせた事は非常に大きかったです。

投資レベルは月収500万円以上を稼げるレベルにまで到達しました。

 

20140203_030935481_ios

そのおかげで「いつ会社を辞めても良い」と思えるようになりました。 時間的・経済的自由を手に入れる事ができ、「お金のために仕事をする」と思わなくなれたおかげで、会社員の仕事にも良い影響を生み出すことができ、昇進や給与アップ、ヘッドハンティングを受けたりもしました。

 

 

 

fb_img_1460350753044

その後独立し、出版という機会を頂きました。

ビジネス書の世界では10万部を超える書籍は

年間でも10冊あるかないか位だという情報を見かけました。

なので「10万部を超える作品を作る」事を目標に取り組み始めました。

 

 

 

そこでも速読で学んだ要素を、今度はアウトプットに活かしてみようと取り組んだところ、

全国各地の書店でビジネス書ランキングに入るのは当たり前。

一般的にはランキングに入ってもすぐにランキング外となってしまうのですが、

ずっとランキング内に居続け、1位に入ることもしょっちゅうという状態になりました。

10万部突破の目標は、処女作出版後わずか1年足らず、2作目にして達成する事ができました。

 

12200724_944092209016277_920700302_n %e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%82%af%e5%a4%a7%e9%98%aa 12202192_944092435682921_350352425_n

 

本を読むのが嫌いだった人間でも、本を出版してベストセラー作家になれる程のアウトプット力を身につけることができるという事を自らが証明してしまった瞬間でした。

 

 

torokuword1

名前
メールアドレス

 
 

なぜSNSではなく、メルマガなのか?

 

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)全盛となった現代において、なぜ情報発信のメインがメルマガなのか?

それについて説明する前に、情報発信の媒体別にそれらが持つメリットとデメリットをまとめてみましたので、まずは以下の表をご覧頂ければと思います。

 

メリット デメリット
 SNS(FacebookやTwitter、LINEなど) 滞在期間が長くなるように作られているので、確認しやすい。  実名制に懸念を持っている等の理由からSNSを使っていない人は見る事ができない。
音声、動画 実際に講師が伝えている雰囲気が伝わるので、より正確に意図が伝わる。 チャプターや倍速などがないと再生速度が限られ、情報収集に時間がかかる。
 書籍 再生時間に左右されず、自分のペースで情報収集ができる。わかりやすく編集された文章で情報収集できる。 文章量がたくさんあるので、情報収集に時間がかかりがちになる。
 メルマガ すぐに読める(短文であれば)。  宣伝ばかりのメールが来るようになる事がある(スパム化)。長文なものは書籍と同じく、読むのに時間がかかる。

 

これらの事を踏まえて考えると、最も多くの方が

短時間で、負担なく、読みやすい状態での情報発信媒体はメルマガ

一番その可能性が高いのではないかと考えた次第です。

 

yuka0i9a1561_9_tp_v

私のメルマガでは「短文で1分で読める文量にする事」を目標としています。

私はこれを書く事によって、さらに文章力を高めるトレーニングができるようになります。

実はメルマガを始めた最初のきっかけはそれになります。

 

 

ただ誰も読まない記事を書き続ける事はモチベーションが下がってしまうので、

皆様にお読み頂く事でそれを高めていきたいと考えました。

ただ自分ばかりモチベーションを上げさせて頂くのもいかがなものかと思いまして、

そのお礼として私が持っているノウハウや思考、考え方等をお伝えする事ができれば、

と思いまして、このメルマガがスタートしました。

 

また配信頻度も原則1日1回、多くても1日2回以上は送らないと決めております。

宣伝も角田和将本人に関わるイベントや新刊の案内などを行わせて頂くのみとしております。

一応システムエンジニアをやっていた当時、業界的に情報管理には大変厳しい環境で、

会社的にもプライバシーマークを取得していた事から、定期的に10年以上教育されてきたため、

決して皆様の個人情報をそれ以外の用途で使用する事はございません。

そのあたりはご安心下さい。

 

 

読者さんから頂いたご感想

 

 毎日楽しみに読んでいる、唯一のメルマガです。毎日の人生に刺激を与えてもらっていて満足しています!  読みやすい文章量なので、読むのが苦手な私でも気軽に読めています。ただその読みやすさに反して、内容は非常に勉強になるので本当にありがたいです。
他の著名人とは違って、できない人の目線に立って書かれているような気がして、とにかくわかりやすく感じる。毎日の文章をまとめれば本になるんじゃないかと思うくらいに良い。  ただ単純な速読の話のメルマガなのかと思っていましたが、それ以外にもいろんな結果を出されている事を知り、時間管理の事やお金、メンタル、マインドセットなど多岐にわたった内容なので飽きずに読める。
 角田さんはメルマガアフィリエイターではないので、たまに紹介されるものは本当に良いと思って厳選されたもので、参考になっています。たまにしか紹介情報がないのが寂しい位です。  最初は速読日本一というのを怪しく思っていましたが、メルマガを読んで、速読以外の事でも結果を残されている理由がよく分かりました。このメルマガは速読に興味のある人はもちろん参考になると思いますが、むしろそれ以外の人が読んだ方が得られるものが多くあるんじゃないかと思いました。
簡潔にまとめられているメルマガなので、たくさんメールがある中でも角田さんのメルマガだけは多忙な私でも苦労なく読めています。 書かれている内容をきちんと実践すれば、間違いなく人生が変わっていくと思います。それでいて現実的にできそうな内容ばかりです。毎日メルマガを見る度にモチベーションを上げてもらっていて、今の私の生活には必需品になっています。
良い意味でベストセラー作家という割には自分との距離感が近く感じられるメルマガだと思います。単なる理想論ではなく、誰でもできるイメージが浮かび、実践できる内容なので、仕事でも大変役に立っています。 下手な自己啓発のセミナーに行くより、よっぽど角田さんのメルマガの方がモチベーションアップにつながります。それでいて自己啓発セミナーにありがちな、変に宗教じみたハイテンションな感じは、角田さん本人からは全く感じられず、むしろ真逆な感じが自然体のように感じられ、私にはとても合っています。

 

無料のメルマガを読んでいるだけで何でも自己実現ができるわけではないと思われるかもしれません。

しかし小さな積み重ねが小さな夢、または大きな夢を叶えるための一要素を現実にしていく事もまた事実だと思います。

無料で簡単、かつ解除もすぐできて、自己実現力が少しづつアップするメルマガが目の前にあります。

是非この機会にご登録頂いて、人生をより良いものにして頂けたらと思います。

 

メルマガ購読特典

 

さらに今なら、角田が実際に自己実現として結果を残してきた各分野に関する以下の7テーマについて語った動画を無料でプレゼントさせて頂きます!

(※詳細は登録後に返信される登録完了の案内メールをご確認下さい。)

 

・出版経験のある立場で考える本の選び方

・デジタル情報とアナログ情報の使い分け方

・なぜ速読トレーニングに呼吸法の話が出てくるのか?

・記憶や暗記ができなくても成功できる理由

・お金を増やすためにはどうすれば良いのか?

・「苦労をすれば報われる」の真実

・ほとんどの人が持っていない「継続」に必要な考え方

 

torokuword1

名前
メールアドレス

 

メルマガ執筆者プロフィール

 

dsc-1_0154

角田 和将

1978年生まれ。Exイントレ協会代表理事。
高校時代、国語の偏差値は40台。本を読むことが嫌いだったが、借金を返済するため投資の勉強をはじめる。そこで300ページ以上ある課題図書40冊を読まざるを得ない状況になり、速読を学び始める。開始から6ヶ月後に日本速脳速読協会主催の読書速度認定試験で、1分間約1万文字の認定を受ける。8ヶ月目には同協会主催の速読甲子園で準優勝、翌月に開催された特別優秀者決定戦で速読甲子園優勝者を降し、日本一となる。その後独立し、速読を通じて時間の量と質を変えることの大切さを教える「イントレ」を立ち上げる。これまでに指導した生徒は1000 名超。「1日で16 冊読めるようになった」「半年間で500 冊もの本を読んだ」など、ワンランク上の速読を目指しつつ、挫折しない、再現性の高い指導を行っている。

そして、速読技術を応用してそのメソッドを出版し、初出版から約1年で10万部突破の著書を生み出し、累計17万部(2016年7月時点)のベストセラー作家にもなる。
元々速読を始めるきっかけとなった投資においても、約1000名の受講生に対して「1日5分の時間投資で月収100万円以上」をモットーに、速読思考に基づく指導を行い、月収数十万円~数百万円の利益を上げるトレーダーを多数輩出している。
著書に、『1日が27時間になる! 速読ドリル』『頭の回転が3倍速くなる! 速読トレーニング』(ともに総合法令出版 あわせて15万部突破)、『速読日本一が教える 1日10分速読トレーニング』(日本能率協会マネジメントセンター)、『行動する時間を生み、最速で結果を出す 速読思考』(朝日新聞出版)がある。

 

lp_futter

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright (C) 2016 Kazumasa Tsunoda All Rights Reserved.