努力すれば報われる?

先日ニュースサイトで
「努力すれば報われる社会か」
を尋ねたところ、肯定的な見方が
15.2%だったという記事が
ありました。
  
http://mainichi.jp/articles/20160917/k00/00e/040/201000c
  
  
確かにどれだけ努力しても
1%の才能もない場所だったら
それは報われない可能性が
高いでしょう。
  
しかしこの記事を見て思ったのが、
努力しようとするという事は
何か取り組みを始める時に思う事なので、
そもそもスタートラインに立とうと
する人自体が全体の1~2割しか
いないのです。
  
物事を始めようとする段階で、
ほとんどの人は「努力は報われない」と諦めて、
始めから努力せずに勝手に脱落して
いってくれていると考えると、
仮に才能が全くなかったとしても、
ある程度までは成功できる社会に
なりつつあるのかな・・・と
思った次第です。
  
  
というわけで、何か物事に取り組もうと
思ったときは、とりあえず努力してみる
事をおすすめします。
  
もしそれを続けていくうちに
努力だと思わなくなってきたら、
その世界はあなたに向いている
可能性が高いのかもしれません。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この記事は、角田和将公式メルマガの
バックナンバー記事になります。
まだご登録されていない方は
是非この機会にご登録頂ければ
幸いに思います。

http://limixceed.co.jp/lp/mailmagazine/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



========

【メルマガ登録】

※速読講座や各種セミナー開催時の案内なども含めて、日々のメルマガで発信しておりますので、ご興味ある方は登録しておいていただければと思います。


【プロフィールなど】
プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。



ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

速読コーチ/ビジネス書著者/認定テクニカルアナリスト(CFTe®)

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、『速読日本一が教える すごい読書術』(ダイヤモンド社)、『出口から考えるFX』(パンローリング)などがある。著者累計は15冊で33万部超え。