出版観点から考えるビジネス書の限界点

20160720_174413_resized


本を読むだけでは全てを理解できない、という言葉を聞いた事があるかもしれません。

その本質にはいろいろあるのですが、本を出す側(出版側)の観点でそれを考えてみたいと思います。
  
  
まず出版するという事は出版社の立場からすれば、売れなければ会社を存続させられなくなるわけなので、売れる事は命題となってきます。

もちろん、売れる事=たくさんの人に読んでもらえる事になるので、決して悪い意味で捉えないで下さいね。

あくまでもそういう地合いがあるという事実だけ捉えて頂ければと思います。
  
  
それを前提に考えると、たくさんの人に本を読んでもらうためには、端的に言えば誰にでもわかりやすく読める本にする必要があるのです。

つまり、万人にわかってもらいやすくするためには、どうしても内容のハードルを下げなければならない側面が出てくるのです。

なので、ある程度のレベルまでは本だけでもレベルアップしていけるのですが、ある一定以上のレベルになると、本では追いつかない領域が必ず現れるという事になります。
  
  
そんなわけで、何かを学ぶ時、スタートアップ段階では本への投資を優先してお金を確保しておき、レベルアップの限界を感じたところで、セミナー等に行って体験型のレクチャーを受ける、といった流れで成長する考えを持つと、最短最速でスキルアップを図ることができるのではないかと思います。

実際、本に載らないようなマニアックな内容やハイレベルな内容は、セミナーやスクールなど、講師個人が開いている対面の場だと聞ける事が多いです。

対面型だと、より表では出せないような情報も聞きやすい環境になるので、情報を発信する立場から考えてみると、成長への最短ルートが見やすくなるのかもしれません。




========

プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。


【速読教室やセミナー体験会等について】

イントレ体験会情報よりご確認ください。


【メルマガ登録】


ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

イントレ講師/トレーダー/ビジネス書作家

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、「速読日本一が教える1日10分速読トレーニング(日本能率協会マネジメントセンター)」、「貯金ドリル(総合法令出版)」等がある。著者累計では6冊出版で20万部。執筆活動の傍ら、速読指導やMT4等でプログラムも書いて自動売買もやってます。