VLOG:【パラパラめくる速読の真実】量子速読法の動画でやっているのは「速読」ではなく「速読トレーニング」の一部です

hqdefault

先日Twitterを見ていたら、中国で5分で10万文字(本1冊?)読める「量子速読法」なるものがブームになっているとの記事を見かけました。

その記事を見て、自分なりに思うところがあったので、見解を動画で話してみました。(メルマガ等のテキストで書くよりも伝わるかな…と思ったので)

ついでに本を使った速読トレーニングのやり方、パラパラページをめくるトレーニングの意味などにも若干触れているので、併せて参考になったら嬉しいです。

参考:見かけた記事のURL
https://tocana.jp/2019/10/post_119880_entry.html
  
  
(【パラパラめくる速読の真実】量子速読法の動画でやっているのは「速読」ではなく「速読トレーニング」の一部です)



========

【メルマガ登録】

※速読講座や各種セミナー開催時の案内なども含めて、日々のメルマガで発信しておりますので、ご興味ある方は登録しておいていただければと思います。


【プロフィールなど】
プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。



ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

速読コーチ/ビジネス書著者/認定テクニカルアナリスト

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、『速読日本一が教える すごい読書術』(ダイヤモンド社)、『出口から考えるFX』(パンローリング)などがある。著者累計は10冊で27万部超え。