謹賀新年:昨年の振り返りと今年の計画

6172f59d8a251947e60f10bcee55000b_s

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 
  
昨年を振り返ると、私の中で最も大きかった出来事は、速読講座を「イントレ」から「ActiveRead」に大型バージョンアップしたことでした。

昨年末のメルマガでも書いたのですが、元々今年は速読講座関連に注力する考えでいて、実際、特に2019年の上半期中はほぼすべて、速読講座関係に時間を費やしておりました。

おかげさまで、従来の速読(インプット)だけに留まらず、5~6年の出版経験に基づいたアウトプット観点からの考え方やトレーニングメソッドを組み込むことができ、大きくレベルアップすることができたと考えております。
  
  
そして上半期が「既存改善の深化」に注力した期間だとしたら、下半期は「新規価値の探索」ということで、投資トレード教育分野に重点を置いていました。

まだまだ駆け出しの身なので加速する兆しは見えていませんが、パンローリングさん主催のセミナーで講演させていただいたり、副業系での記事寄稿、資格取得など地道に下積みを重ねることができたと思っています。

「加速する兆し」という意味では、先日まさかのブルベア大賞候補に拙著『出口から考えるFX』がノミネートされたので、これがキッカケで来年、新しい分野での加速が進んだら嬉しいなあ…と思っています。
  
  
そして今年考えていることについて、いくつか触れておくと、まず情報発信について、特にSNSの活用方法は考え直そうと思っています。

基本的には、文字情報による発信は個人メルマガ一本に絞ろうかなと。
  
文字数が多くなる場合や、オープンに発信したい記事についてはここのブログ記事で配信しようと考えています。

そして文字情報で伝えるのが難しい内容や発信スピード優先にしたい場合はYouTube動画に集約しようと考えています。

(ご参考:個人メルマガの登録フォーム)
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=limix&MagazineID=148&MoreItem=1

(ご参考:Youtubeチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCP_qzWO6Z3WmdO7Y8u4tfRQ
  
  
そのため、TwitterやFacebookなどのSNSは基本的に読む専(ROM)となっていく予定です。

使う用途としてはブログ記事更新やYouTube動画アップの案内、メッセンジャーやTwitterDMなど連絡のやり取りが主になると思います。

コメントなどについては継続して都度チェックしておりますが、今までよりは利用頻度が落ちると思うので、反応までに時間がかかることがある点はご了承いただければ幸いです。

2018~19年と、各SNSをいろいろ勉強させていただきましたが、結論としては、大体700文字を基準にメルマガ記事としてまとめる発信方法が、私にとっては最もやりやすいなあ…というのが本音です。

併せて、出版での執筆など、他分野で作業するときの影響などを考えても、この切り分けがベストだと判断しました。
  
  
出版と言えば、昨年はActiveReadに注力していた関係で出版関係の活動を抑えていたのですが、今年は書籍制作活動も動いていく予定です。

まだ詳細が言えない案件ばかりなので、情報公開できる状態になりましたら改めてメルマガやここのサイトで連絡させていただきます。

出版については、結果的に現在6年連続で出版させていただいており、これもお読みいただいている読者様が数多くいらっしゃるおかげでございます。

感謝を申し上げるとともに、今年も引き続き、出版書籍やメルマガ・ブログ記事などが、皆様のお力添えになれれば…と思っておりますので、引き続きお読みいただければ幸いに思います。



========

【メルマガ登録】

※速読講座や各種セミナー開催時の案内なども含めて、日々のメルマガで発信しておりますので、ご興味ある方は登録しておいていただければと思います。


【プロフィールなど】
プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。



ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

速読コーチ/ビジネス書著者/認定テクニカルアナリスト

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、『速読日本一が教える すごい読書術』(ダイヤモンド社)、『出口から考えるFX』(パンローリング)などがある。著者累計は10冊で27万部超え。