ビジネス書作家として生計を立てられない理由

wpid-2016072419060900.jpg

10万部以上のベストセラーともなると、
「執筆だけで食べていけるんじゃ?」と
言われることがしばしばあります。
  
しかし、それはほぼ不可能な事です。
  
  
本が売れなくなっている等、
理由はいろいろあるのですが、
本を出す側から見た理由の一つに、
年間に発行できる冊数に
制限があるのです。
  
法的な制限というわけではないのですが、
出版業界的には、同じ著者の本は
基本的に最低でも新刊が出てから
3ヶ月以上を空けて次の本を出す
という暗黙のルールがあり、
それを元に考えると、年間で3~4冊
しか出す事ができなくなるわけです。
  
  
もちろん、暗黙のルールなので、
それに従わず、間隔を空けず
立て続けに新刊を出す事はできますし、
そのペースで書き続けられる
著者さんもいらっしゃると思います。
  
ただ読者の立場に立つと、
書店に行って同じ著者の新刊が2冊
あったら、ファンであれば2冊とも
買うと思いますが、そうでなければ
どちらを買うかで悩んで、
結局どちらも買わずに書店を出る
という事も十分に考えられるでしょう。
  
  
そんなわけで、年間に出せる新刊の数に
制約がある以上、収入に制約がある
事になるので、執筆だけで生計を
立てるというのは現実的ではなくなるのです。
  
ただ、年間で3~4冊位までに
しておいた方が、一つ一つの
作品制作を楽しみながら行えるので、
納得のいく作品を制作する事を考えると、
著者の立場としてはこの位の数字が
妥当なのではないかなとも思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この記事は、角田和将公式メルマガの
バックナンバー記事になります。
まだご登録されていない方は
是非この機会にご登録頂ければ
幸いに思います。

http://limixceed.co.jp/lp/mailmagazine/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



========

【メルマガ登録】

※速読講座や各種セミナー開催時の案内なども含めて、日々のメルマガで発信しておりますので、ご興味ある方は登録しておいていただければと思います。


【プロフィールなど】
プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。



ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

速読コーチ/ビジネス書著者/認定テクニカルアナリスト

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、『速読日本一が教える すごい読書術』(ダイヤモンド社)、『出口から考えるFX』(パンローリング)などがある。著者累計は10冊で27万部超え。