プレゼン資料を作るコツ

wpid-2016072419060900.jpg

お仕事をされていて、PowerPointやKeynoteなどを使って、スライド資料を作る機会がある人もいらっしゃるかと思います。
  
しかしスライド資料を作ってみたものの、それを使って話をしようとすると、話がうまくできなかったり、何となくわかってもらえた感じがするような、しないような…という感じに
なってしまうような、本当の意味でのポンチ絵スライドを私も昔よく見かけていました。
  
  
そうなってしまうのは、作成する過程、特に順番に問題のある事が多いです。
  
スライド資料を作成する時はまず伝えたい話の流れの文章構造を考えます。
  
多くの人はいきなりスライド作成に入ろうとするのですが、そうしてしまうと考えをまとめながらアウトプットされるので、考えがまとまっていない、もしくは無理矢理まとめようとした感が出てしまうのです。
  
話の論理構造を考えて、考えが固まってから話の流れに合ったスライドを用意していく、その順番を守ることが重要になります。
  
もちろん、これは何もスライド資料作成に限らず、本の原稿執筆であっても、会議議事録のまとめ方にしても同じ事だと思います。
  
  
ではそういった論理構造を考えていくために必要な力は何で鍛えられるかというと、それは読書だと思います。
  
知識的なインプットもそうなのですが、いろんな文章を目にして、どういった伝え方をしているのかという部分の経験値を積むことが重要だと思います。
  
  
私はプレゼンスキルに対してものを言える立場ではありませんが、スライドの作り方を勉強する時は、作成順序を間違えずに取り組まないとなかなか上達しないような気がするので、
もしスライド資料を作る機会のある方はこのあたりを意識されてみることをお勧めします。



========

【メルマガ登録】

※速読講座や各種セミナー開催時の案内なども含めて、日々のメルマガで発信しておりますので、ご興味ある方は登録しておいていただければと思います。


【プロフィールなど】
プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。



ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

速読コーチ/ビジネス書著者/認定テクニカルアナリスト

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、『速読日本一が教える すごい読書術』(ダイヤモンド社)、『出口から考えるFX』(パンローリング)などがある。著者累計は10冊で27万部超え。