【ご報告】FXミリオネアアカデミー認定講師を退任しました。

20131201_大望年会

表題のとおりではありますが、2018年7月末をもちまして、FXミリオネアアカデミー(以下、ミリアカと略します)認定講師を退任することといたしました。

ミリアカというのは、私の投資の先生が主宰しているオンラインスクールで、一応私はそこの認定講師となっておりました。

ただ実態としてここ数年はまったく講師的な活動をしておらず、完全に名ばかりの状態となっていて、自分から見ても「それで認定講師ってどうなの?」と思うところがあったので、この度退任する事を決断した次第です。

基本的にミリアカでお世話になった受講生の方にしかわからない内容ではありますが、伝える媒体が他になかったので、詳細をブログにまとめさせて頂きました><

「何か問題でもあったのか?」と勘ぐる人もいるかもしれませんが、全くそんなことはなく、円満に双方合意の上での退任です^^

ミリアカ認定講師を始めたきっかけ

私がミリアカ認定講師として活動を始めたのは、会社を辞めて独立した後の2013年末頃、本業を持たれている方が限られた時間でトレードするための基礎教育という位置付けで講師活動を始めました。

ただトレード系の事に関しては、私が表立って教える資格はないと思っていたので、あくまでもミリアカのサポートということで、ミリアカ関係者のみ受講可としてもらう条件で引き受けました。

私は師匠のような専業トレーダーではなく、兼業トレーダーだったことから、主に会社員の方や本業を持たれている方に向けた指導のサポートは、立ち位置としても適切と思い、取り組む事にしました。
  
  
当時、速読指導もしていて、教えるスキルや話すスキルなどをそこで磨けていた事も功を奏してか、結果としては約2年(2013~2015年)の期間で1000名近い受講生に、勝てるトレーダーへと成長して頂くことができました。

その実績もあって、『貯金ドリル』の出版(元々はFXドリルでしたが)も実現したので、私にとってミリアカ認定講師としての活動は、自分自身も大きく成長することができた要因だと思っています。

求められている領域で全力を尽くす

今回、退任を決断するに至った出来事がありました。

それは「私がオンラインサロン的なものをやるとしたら、どのテーマに興味があるか?」というアンケートを取ったときの事でした。

求められているものとして出た結果は、お金トレード系:速読や読書などのスキルアップ系の比率で言うと、1:9といった感じでした。

トレード系が求められていないというよりも、圧倒的に速読や読書、ビジネススキル系を求められていることがハッキリとわかったのです。
  
  
昔は速読もお金系も指導していましたが、速読系に集中してきた転機はおそらく出版だと思っています。

自分で立てていた目標、10万部突破が本当に達成できちゃった事で、私のイメージは完全にビジネススキル系になったのかなと^^

先日、週刊誌『女性自身』で貯金ドリル関連の取材のことをブログでも書きましたが、ミリアカで講師をしていたときの受講生は何も違和感なく受け入れられると思いますが、ここ数年お会いするほとんどの方にとっては「なぜ貯金の分野?」と言われますので…。
  
  
そんな出来事もあって、今現在、私に求められている場はビジネススキル系だという事を自覚する事ができました。

努力は、ただ努力だけしているだけだと平気で裏切る。努力すべき場所で努力して、初めて結果に結びつく」といった言葉があります。

まさにこの言葉は私も同意で、「自分がその場で求められているのか?」ということと「求められている場に対して自分は最適なのか?」を、私自身も活動する上でよく意識しています。

この2つの条件を満たす受講生が、お金トレード系の分野については少数派で、速読系では多数派になっているのが現在だと思っています。
  
  

守破離の離のとき

速読のときも、結果的には約10ヶ月ほどで卒業し、それ以降は独立して自分流を極めていく道を進むことになりました。

当時私が通っていた教室は「1年経ったら強制卒業。新しい受講生が入る時間枠がなくなるから。」という考えがあったためです。

本当にその理由もあったとは思うのですが、裏には「いつまでも同じ事ばっかりやっていたのでは成長に限界ができてしまうから、守破離の離のフェーズに早く移行してほしい」という思いがあったのかな…と個人的には思っていました。

そういった師匠の思いのおかげで(推測ですが><)、結果的には自分流の速読スタイルも確立でき、出版という手段で世の多くの方々にそのノウハウを知って頂くことができたと思っています。
  
  
お金トレード系についても、月日が経つにつれて、私のトレードスタイルも徐々に、会社員時代に培ってきた長期トレード型のトレード思考と、自分で書いたプログラムやシステムを組み合わせた、アナログとデジタルのハイブリッドスタイルに変化していきました。

ミリアカで教えられている事も血肉の一部になっているとは思いますが、正直なところ、だいぶオリジナルの方向になったように感じつつあり、先に書いたアンケートのような出来事などもあって、そろそろこの分野も守破離の離のフェーズに移行する時なのかな…と考えました。

もちろん、トレードに関しては先にも書いたとおり、自分よりもすごい人はたくさんいるので、私が表立ってお金に関する何かを教えたいという思いは今もそんなに強くは持っていません。

現在の環境もそれに呼応するように、昔と比べて、それほどお金系ジャンルの講演などを求められる環境ではなくなっています。

そんな状況をいろいろ考えていくと、今のタイミングが離のフェーズに移行するベストタイミングだと判断し、退任を決断したわけです。
  
  
この決断によって、まずは速読や読書など、ビジネススキル系の分野での活動に、より力を集中させていきたいと考えています。

また、お金系の分野は、求められることがないと言いながらも、先日受けたような取材やちょっとした講演など、完全にゼロというわけでもないので、たま~~~~~~~~に求められたところでは都度、フリーの立場で柔軟に対応していきたいと考えています。

速読のときと同じように、求められるところで全力を尽くし、アウトプットされた結果を鍵に、次のステージへ進む…を、地道に繰り返していきたいと思います^^

当然、都度求められるという中には、ミリアカからの依頼も含まれますので、ミリアカで講演や指導をやることが完全になくなるわけではないと思っています。実際、「外部講師の立場でもいいので・・・」というご依頼を既に頂いているので、外部のフリー講師的な立場での活動は今後もあると思います。

もちろん実際の依頼がなければ、話す機会自体はないわけですが・・・><
  
  
正直なところここ2~3年、ミリアカでは全く活動機会がなかったので、今までの活動とあまり変化はないかもしれませんが、ミリアカで繋がったご縁も数多くあり、受講生もそれなりの人数を指導させて頂いたこともあって、私にとっては心理的な節目になるところでしたので、ブログにてご報告をさせていただきます。

ミリアカでお世話になりました皆様、今までありがとうございました!
今後もビジネススキル系はじめ様々な分野で活動してまいりますので、引き続き応援頂けましたら、大変嬉しく思います!m(_ _)m!



========

【メルマガ登録】


【速読教室やセミナー体験会等について】

イントレ体験会情報よりご確認ください。


【プロフィールなど】
プロフィール
著書一覧

お仕事の依頼や講演依頼
 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※日時(拘束時間含め)や場所、出張宿泊含めた講演料等、分かる範囲で構いませんのでなるべく詳細をご記載下さい。



ABOUTこの記事をかいた人

角田 和将(Tsunoda Kazumasa)

速読講師/ビジネス書著者/トレード手法分析プログラマー

著書に6ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル(総合法令出版)」をはじめ、『速読日本一が教える すごい読書術』(ダイヤモンド社)、『出口から考えるFX』(パンローリング)などがある。著者累計は10冊で27万部超え。